2007年01月10日

マジメに効くオフザケ

勉強のつもりで見始めたTVアニメだが、いまや趣味のほうが強くなって消化しきれないほど録画をためてしまっている。見ても見なくてもよいアニメも多いのだが、さすが競争の激しい業界だけあって良質な作品もまた多い。

この休みを利用して消化したなかでは『武装練金』が予想以上におもしろかい。骨格は少年マンガの王道。平凡な高校生が偶然のきっかけからヒーローとして成長する姿を描いている。原作を知らないぶん素直に楽しめている。

王道だがそのストーリー運びに特徴があり、ギャグパートをふんだんに挿入したバカかっこいい仕上がりになっている。シリアスとギャグの配合が読み手の予想を超えており、定石のキメにまでオフザケが侵入しても破綻しない。これが楽しい。
しかも、このバカさのおかげで主人公カズキの聖人君子ぶりがスベらない。正論だけを強調すればするほど軽薄で嘘っぽくなる。対角でバランスをとった好例だろう。

また、ストーリーを運ぶ視点にも特徴がある。神様の俯瞰ではない。主人公から一歩引いてはいるが、登場人物の誰にも感情移入していないのだ。あえて言うならヒロイン斗貴子の常識部分だろうか。
これは舞台演劇の感覚だ。登場人物は役を演じている役者であり、リアリティは観客との共謀によって保証される。つまり、バカをやらせても登場人物の価値にダメージがおよばないようになる。これは上手い。

武装練金』、オススメである。

feedpath tags:   generated by feedpath
続きを読む
posted by galeki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月08日

読書の心得

読んだそばから忘れる。最近、本を読んでいてイライラする原因だ。記憶力低下はしかたないにしても、読んでいた時間をムダにしているような感覚はツライ。どうにかならないものかと悩んでいたが、ついさっき解決案が浮かんできた。

他人に教えたい文章なら覚えていることに気がついた。他人に勧めるのはその価値を確信したからだ。つまり、記憶していないのは価値がないことの証明でもある。ならば忘れたことを気にする必要はない。

すべて覚えようとしていたのはなぜか? じぶんのなかに「理解=記憶」の図式があったからだ。理解したことを記憶量で示そうとしている。これは試験勉強の感覚だ。ずいぶんとイビツなことだ。



今後のためのメモ。記憶を目的としない理解は「いま」にしかない。マーキングは後から「いま」を取り戻すためにも役立つに違いない。理解にハマると停滞する。複数同時読書なら思考が固まるヒマをなくせる。

  generated by feedpath
posted by galeki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月04日

聞こうとせず、見ようとせよ

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義』  松岡正剛 著  (春秋社) 

12月31日に届く。あきれるほどに短い正月休み。バタバタと用事をしながらスルスルと読了し、じつに年始にふさわしい読書体験だと確信する。今年は良い年になる。

帝塚山学院大学での松岡正剛氏の講義をまとめた1冊。講義を受けた学生を羨ましいとは思うものの、学生時代に同じ幸運に恵まれたとしてもいまの感動に気づくことはなかったかもしれない。とにかく「答え」を求めすぎていたからだ。

世界と日本の人間文化を俯瞰する5回の講義には『人間と文化の大事な関係』、『物語のしくみ、宗教のしくみ』、『キリスト今日の神の謎』、『日本について考えてみよう』、『ヨーロッパと日本をつなげる』という章題がついている。いずれも素直で衒いがない。あの頃のぼくはセイゴオ先生の博覧強記ぶりにエンターテインメントを感じても、ひとつひとつの結論を「ありきたり」と流してしまったかもしれない。

しかし、結論に気をとられてはいけない。タイトルには何とあったか。そう、「見方」だ。セイゴオ先生の「見方」、それを支える思考と方法に震える。やぁ、ぼくも進化したものだ。

まだ1回しか読んでいない。きっと何回も読み返す。じぶんの目で見るために。


---
記:2007-01-04

feedpath tags: ,   generated by feedpath
posted by galeki at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 感想

2006年12月31日

疲れるほどの見応え

今年の締めはこのアニメ。

鉄コン筋クリート



まずは平謝りです。声優さん、まったく問題ありませんでした。それどころか別のキャストが思いつかないほどの出来でした。疑問視したりしてまったく申し訳ない。まだまだ見る目がないことを思い知りました。

ちょっと酔った。ふだん見ているアニメとはフォーカスのあてかたがちがう。慣れないとキツイかも。上映時間も長め。もうすこし短くても良いかもしれない。

しかし、まったく退屈しない。映像に圧迫される。さらりと何気なく描かれた背景にもおろそかにできない密度がある。コチラが追いつけていない。だから、疲れる。このクオリティに大きなスクリーンで接するには覚悟が必要だ。
DVDを待って自宅のTVで鑑賞するのも正解。だが、あのエンドロールは劇場サイズで価値が倍加する。見逃すには惜しい。

シンプルなエンターテインメントではないからこその映画。あぁ、良い年末だ。

feedpath tags: , ,   generated by feedpath
posted by galeki at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2006年12月13日

スミマセン反応

なかなか治せないクセ、それがスミマセン反応。道を譲ってもらったり、自動扉を開けてもらったりという親切に「ありがとう」と応えるつもりが、なぜか「スミマセン」と口走ってしまうという症状のこと。

矯正を思いたってからずいぶん経つのにまったく改善の気配がない。重症だ。まず性格改造が必要なのかも。われながら、ずいぶん寂しいハナシだ。

  generated by feedpath
posted by galeki at 03:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記