2007年02月28日

朝、虹を見た

雨のなか、太陽を背に走るクルマから虹が見えた。
その光彩は北から南に落ちて、欠けることのない半円を描いていた。

初めて見るとは0と1とを分けること。いまだ世界には空白が満ちているのだ。

  generated by feedpath
posted by galeki at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月25日

ラトリップでニヤける

めずらしくランチで贅沢。で、感激の一皿にでくわす。

元町の『ラトリップ』でランチのBセット。前菜に田舎風パテを選んでガッガッと堪能。それだけで幸せ満足だったのだが、次の皿、ポークのソテーがもうため息モノだった。柔らかく香ばしい肉に茸のソースが甘くからんで、噛むごとにニヤけてくる。声にだして爆笑しそうになるのが意味不明だ。「むほっ」とか描いてるマンガをバカにできやしない。

魚介のココット鍋もイケる店だけに、次回からのメニュー決めは迷いまくるな、絶対。

  generated by feedpath
posted by galeki at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月20日

甘く危険なフゴウ

ジグソーパズルでは図案にあわないのにぴたりと嵌るピースにでくわすことがあります。たいてい本当に嵌るピースがあとから見つかるのですが、なぜか周囲のピースを疑ってとっかえひっかえしてしまうことがあります。

この量子的な振る舞いが、色即是空とどう対応するか。粒子と波動の二重性をもって、「物質的現象に実体がない」というこ との類比とするのには無理がある。量子力学では、べつに実体がないわけではなく、ミクロな物質の振る舞いを日常感覚に置き換えて表す適切な言語を私たちが 持っていないだけだといっていい。ミクロ世界の物理的対象としての実体があり、それを正確に記述できるわけである。
Aquarian's Memorandum: 仏教と量子力学

符合というドラマは強烈です。エンターテインメントです。符合を感覚すると理解がもっていかれます。その符合をどう理解しようかと考えはじめます。だから、生半可な知識はとても危ない。嵌っただけでありがたがっていてはダメなのです。

※おや、以前にも似たような話をしてますね。

  generated by feedpath
posted by galeki at 23:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年02月19日

公は私の公約数であるからして

公文書は恣意的に読ませないという点で公正であろうとしますが、その意図するところが公平であるとは限りません。そこを理解しておかないと一文一語のもつ重みを見逃してしまいかねません。書く書かないの選択や論理展開の妥当性は記述をおうだけでは見えてこないものだからです。
この感覚はなかなか説明しづらいのですが、松浦晋也氏のブログに良い説明があったので紹介しておきます。(抜粋だけではわかりません。原文をあたってください)

 今回のことで気がついたのだが――ネットの言論では、「ソース」が重要だとされる。主張の根拠を示せというわけだ。

 ところが、ソースそのものは、「ソースの読み方」は教えてくれない。従って読み方は「常識」によることになる。

 それは、今までにない言論の場を作り出したわけだが、今回の官僚文書のように、常識とは全く異なる読み方を必要とする「ソース」にぶつかると、途端に「誤読」を起こしてしまうことになる。

 私としては、最低でも日本の官公庁が発行する公文書については、その読み方がネットの常識となればいいと思う。

公文書を読む

それにしても「パブリックコメント募集」なんてどれぐらいの人が知っているのでしょうか。ぼくは仕事で関係するまでまったく知りませんでした。ぼくの意識が低すぎるだけ? そういうことなら安心して眠れるってもんなのですが...。

  generated by feedpath
posted by galeki at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月17日

改造マニア

改造マニアである。こっそりじぶんをマイナーチェンジするのだ。わざわざ身につける必要がなく、お金にも自慢にならないヴァリアントを増やすのが楽しい。慣れた技を捨て「なぜこんな苦労をしているのか?」と後悔半分の訓練が燃えるのだ。

  generated by feedpath
続きを読む
posted by galeki at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記