2007年03月09日

復調 ThinkPad X60s

しばらく前からThinkPad x60sが蓋の開閉を認識しなくなっていたのだが、どうやら原因らしきものがみえた。

液晶パネルの左ヒンジの内側にあるコードだ。右のほうはヒンジ内側のくぼみにおさまっているのに左ははみ出していた。よく見ると本体ケースの接合部分に噛みこまれてしまっていたのだ。ドライバーやらでそろそろとヒンジ内側に押し戻すと、完全とまではいかないがなんとか大部分がおさまった。コードは毛羽だってみっともないが仕方がない。

で、蓋を閉じたらちゃんとハイバネーションするではないですか! うーん、磁気式になったらしいことはどこかで読んだのだが、このコードがずれていたのがどう作用していたのかさっぱり分からん。とりあえず様子を見てみることにする。

  generated by feedpath
posted by galeki at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3498171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック