2007年01月15日

失敗を許容してこその自在

似たようなことはどこでも起きているようです。
でも、なぜか日本のビジネスシーンでは、数字を求められたときに、こういう発想をすることが少ないんではないかと感じるんです。すぐに売れる商品(コンテンツ)は何か?とか、具体的にどうやって売るのか?という表層的なところに話が進んでしまって、それも個別的に話がもっていかれるという印象があります。 それはちょっと違うだろって思うんです。
千客万来のアーキテクチャ:DESIGN IT! w/LOVE
表層にとらわれているのは、それを多くの人が望んでいるからだ、と考えたほうがよいかもしれません。

真の解決がみつかるかどうかじゃないんだ。アーキテクチャに手をつけても成功する保証はなさそうだし、そもそも絶対確実な手だてなど始めからないのかもしれないぞ。完全無比の解決策は天から降ってくるような美しさがあるんじゃないか? そうだ!地味な分析や積み上げまでして証明するようなものはマガイモノに違いない。

こんな感覚がありそうなのです。そう考える人たちからすればアーキテクチャはややこしいのです。汚いのです。ヘリクツの一言です。もっと直接的で万人がうなずける理由があってほしいのです。

多数でリスクを含んだ決断をくだすのも苦手みたいです。一点の曇りもない完璧な解答でなければ賛成は得られないのです。でも、現実はそんなに甘くはないことも知っています。だから、曖昧で否定されにくい概念だけで議論を進めようとしてしまいます。つまり、意図して表層を選ぶのです。

走りかたよりも先に転びかたを学ぶべきなのかもしれません。

  generated by feedpath
posted by galeki at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3069453
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック