2006年08月03日

黄信号、右か左か

クルマの運転には性格がでます。性格はその日のコンディション次第というところもまたしかり。そのへん、クルマ通勤をしているとよーくわかります。

わたしの場合、黄信号に変わった瞬間での行動なんかが見極めポイント。すんなりブレーキを踏めれば安定した心理状態といえます。反対に「おりゃ」とばかりにアクセルを踏み込んだり、とりあえず踏んでみて慌ててブレーキかけたりするときはどこかに問題を抱えていることが多いようです。安全運転はハンドルを握るまえの心がけからですねぇ。

ちなみに愛車はFIATのPUNTOです。お手頃価格のファミリーカー。1300ccにしては前に行きたがるあたり「さすがはイタリアン」というべきでしょうか。このクルマに乗って初めて"Driving Pleasure"の意味がわかりました。おかげで初めてスピード違反で罰金払いましたけどね!

  generated by feedpath
posted by galeki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1064192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

アルコール検知器販売
Excerpt: アルコール検知器販売。飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!飲酒運転撲滅キャンペーン実施中!飲酒運転の事故が多発しているためアルコール検知器を特別価格にて販売いたします。
Weblog: アルコール検知器
Tracked: 2006-09-21 06:44